ファミコン風8ドット文字フォントエディタ(2012.7.12)


ダウンロード

いわゆる、「ファミコン風」テキストフォントのパターンを作成するエディタです。

任意の2バイトコードに対応付けた8×8ドット単色のパターンを編集できます。 また、ひらがな・カタカナ表記における濁点、半濁点についても、 専用パターンを隣接させて表現することができます。

FC版「ドラゴンクエスト」では、登録可能パターン数の制約により、カタカナやアルファベットの一部は ゲームに使われていませんが、このエディタでは1024文字分まで登録することができます。

テキストタイプのファミコン風ゲームを作ってみたいと思ったときや、 無性にドット打ちがしたくなったときに、ご利用ください。

エディタの使い方

プログラムをダウンロード・展開し、プログラムファイルを実行すると、図のような画面が表れます。 操作は、主に2ボタンマウスを使い、時々キーボードを使います。

  1. 右側の文字リストをマウスホイールでスクロールさせ、編集したい文字を左クリックします。
  2. 左側の白い枠の中で、左ボタンでドットを打ち、右ボタンでドットを消します。
  3. 飽きてきたらCtrlキーを押しながらSで、フォントファイル(fcfont.txt)に上書き保存します。
  4. 共通の濁点・半濁点パターンは、DまたはPキーを押しながら編集します。
  5. カーソルキーでパターン全体を移動することもできます。

フォントデータの扱い方

編集によって作成されるフォントデータは、メモ帳などで開くことが可能なテキストデータです。 プログラミングの知識があれば、1行ずつ読み込みながらドットパターンに簡単に展開できると思います。 また、独自の外字を拡張したければ、メモ帳で適当に行単位でコピーしてから編集してください。

フォントファイルの中身は、以下のようになっています。

(FCfont) horizontal afafaaaaaaaaaaaa ahafahaaaaaaaaaa
dieeeeeeeeeeeedi,0,,
doaiaiaiaiaidiai,1,,
hodaaiaeacececdm,2,,
aadmecacbmacecdm,3,,
aaaeaehoeecebeam,4,,
aahiaeaehmeaeahm,5,,
(以下、省略)

1行目は、"(FCfont)","horizontal"と定型文が入っていますが、その後の"afafaaaaaaaaaaaa"と"ahafahaaaaaaaaaa"が、 濁点および半濁点パターンをエンコードした文字列です。

2行目以降は、「,(半角カンマ)」区切りで、文字パターン、対応する文字コード、濁点を添える文字コード、半濁点を添える文字コードの順で 4つの文字列で構成されています。 なお、ドラクエの一部の文字については濁点記号込みのパターンが使われていますので、その場合は通常文字コードに指定します。

aaaaaaaaaaaaaaaa,じ,,		「じゅもん」の「じ」など
aaaaaaaaaaaaaaaa,だ,,
aaaaaaaaaaaaaaaa,ど,,		「どく」の「ど」
aaaaaaaaaaaaaaaa,ド,,		「コマンド」の「ド」

文字パターンの展開は、以下のプログラムリストを参考にしてみてください。

void Cfont::decodeP(char *buf){
	char *p= buf;
	for(int y=0;y<8;y++){
		char c= (*p++)-'a';
		if(c&8) dot[0+y*8]=1;
		if(c&4) dot[1+y*8]=1;
		if(c&2) dot[2+y*8]=1;
		if(c&1) dot[3+y*8]=1;

		c= (*p++)-'a';
		if(c&8) dot[4+y*8]=1;
		if(c&4) dot[5+y*8]=1;
		if(c&2) dot[6+y*8]=1;
		if(c&1) dot[7+y*8]=1;
	}
}


トップページへ

Copyright©2012 Amadela

inserted by FC2 system