登攀作戦本番(1)

決意を新たに、ゲームの本番開始です。ちなみに、登攀は「とうはん」と読みます。

ルート探索隊の派遣

観光登山ではありませんので、登山道が整備されているわけでも、山岳ガイドが同行するわけでもありませんから、 最初にすべきことは、山頂にアプローチするための登山ルートを探すことです。 とりあえず能力的に一番優秀な隊に、発見済みルートの先端まで行ってもらい、ルート探索をしてもらいます。

ルートは、山形状の稜線(ポリゴンエッジ)単位で1区画もしくは複数区画が一度に発見できます。 同一地点から複数のバリエーションルートが発見できる場合もありますが、 最終的には頂点に至るルートに集結します(一部に行き止まりルートもあるようです)。

ルートが発見できれば、さらにその先を探索させることもできますが、 日が暮れないうちに、安全に帰還させることも留意しなければいけません。 一度発見したルートは、年次を改めても残っていますので、次年度以降は楽に始めることもできます。

なお、ルート探索命令は、同時には1つの隊にしか出すことができません。

ルート確定

ある程度ルートを発見し、予定の登山ルートが見えてきたら、隊長の権限において「ルート確定」します。
(パーティに命令を出すことはありません)

ルート工作や中間キャンプの設営は、確定したルート上にしか行えません。 また、運搬・帰還などのキャンプ間移動やアタック命令は、このルートに沿って移動することになります。

一旦確定したルートは、設営ずみ最終キャンプ以降であれば、作戦の途中で選び直すことができます。
(どうしても必要なら、最終キャンプを撤去して修正します)

ルート工作

確定しているルートに、迷走や滑落事故防止用の工作を施します。 工作する距離に応じて、工作キットを消費します(50メートルにつき1個)。

どの程度の効果があるかはっきりした数値では表されませんが、 工作済み個所には進捗率がパーセンテージで示されます。

ルート工作はベースキャンプ付近から開始できるため、先遣隊が高所で作戦している間に、 経験の浅い隊員を含むパーティに作業させておくと良いと思います。

なお、急傾斜となる壁面の地形についてはルート工作に使うキットの種類が異なるという設定があり、 工作隊には地形に合ったキットを携帯させておかなければいけません。

また、さすがに頂上まではルート工作できません。

キャンプ設営

登山作戦は日帰りではありませんので、毎日BCまで帰ってくるのは大変ですから、 確定ルート上の適当な場所に中間キャンプをいくつか設置し、そこを拠点にしてより高度を稼ぎます。

中間キャンプは、確定ルート上の最終キャンプ以降に設置することができ、1張で3人が宿泊できますので、 滞在する見込み人数に応じて複数張設置しておくことが望まれます。

ただし、地点ごとに設置可能なテント数には上限があります。 「整地工作キット」を使うとそこの地形の限界数までなら、設置上限を増やすこともできます。

物資運搬

キャンプ間で物資を移動させるために命令します。 最初は全部の物資がBCにあるため、食料などを中間キャンプに運び込まないと活用できないため、 先遣隊以外の暇部隊に作業させることになります。

ただし余分に運びすぎると、撤収する際に降ろさないといけない荷物が増えてしまいますので、 ほどほどにしておきます。

アタック

頂上目指して登ってくる命令です。 頂上に至るルートを発見し、確定したあとで、最終キャンプにいる隊に向かって命令できます。 すでに別のアタック隊がいるときは命令できません。

無事に頂上に到達できると、初回はムービーつきで喜びの報告があります。

一度でもアタックが成功したら作戦成功ですのですが、 せっかくなので参加した隊員全員を登頂させたいという欲が出てくるかもしれません。 そういう場合は隊編成をし直し、日程が許す範囲で登頂ツアーを組むこともできます。 ただし、リスクがあることは一緒なので体力のない隊員を連れまわすときは状態の変化に注意が必要です。

撤収

参加者全員をBCに集めて、隊長権限で「撤収する」と宣告すれば、その年の作戦は完了となります。 一度でも登頂していれば作戦成功、そうでなかったら失敗ですが、何よりも全員無事に帰ることが重要です。

撤収の際、中間キャンプや資材を放置してしまうと隊長評価の減点になるため、 できれば撤去しながら山を下りなければいけません。 ただし、中間キャンプの全撤去は最終キャンプしかできません。 下る方は、登るときほど体力は使いませんが、重すぎて動けなくならないように人を配分します。


ここまでが、「順調に進んだ場合」のプレイの流れになります。

実際のプレイでは、このように順調には進みません。詳しくは次の項目で解説します。



登攀作戦本番(2)

システムの考察へ  トップページ

Copyright©2012 Amadela

inserted by FC2 system